部下の指導で難しい叱り方はオープンにして共有することが大事です

人間関係の悩みと問題を解決するブログ 中島です。

職場での部下の指導で必要以上に
強く言い過ぎて後悔したり、

言いたいことがあっても言えずに
残念な思いを抱く人は少なくないでしょう。

人が30人もいれば、それぞれ性格も
考え方も様々なので、

円滑にコミュニケーションを図るのが
難しいのは当然です。

職場のコミュニケーションの中で
特に難しいのが「叱り方」で、

叱る側と叱られる側の受け止め方は
随分と違います。

スポンサードリンク

部下の指導で難しい叱り方はオープンにして共有することが大事です

上司がよかれと思ったことが
正しく伝わらないことは多く、

知らないうちに部下を傷つける言い方を
してしまっていることも

少なくありません。

しかし何も言わないでいれば
かえって両者の関係が

良くない状況になってしまうので、
1人1人に対するケアが大切です。

攻撃的な上司の下で育った部下は、
怒られるのが怖いので

失敗を隠したり報告を
ねつ造することがあります。

逆に受身的過ぎる上司の下で育つと、
上司の反応が少ないので

やる気を失ったりなめてかかる
傾向になりがちです。

ちなみに、上司から問題点を指摘されて

反発する場合、上司を尊敬も信用も
していない可能性があります。

そんな時は「斜めの関係」を利用するとよく、
直接ではなく他の課の尊敬する先輩など

仕事の上下関係と少し離れた人から
伝えてもらうと効果的です。

スポンサードリンク

事実で叱って解決策を共有する

部下を叱る時で大切なのは、
事実で叱って解決策は

情報共有することです。

「これまでにしたためしがない」とか
「全然なってない」、「ミスが多すぎる」

などと叱っても効果は得られません。

また「大したことではない」「何とかなるよ」と
過少に叱ってもダメで

具体的な事実を取り上げて
指摘することが重要です。

そして失敗に対する解決策は
オープンにして、

チーム全体で共有するようにします。

仕事はチームワークなので、
その中で起きたミスやトラブルは
隠さないようにすることが大事です。

まずは本人に注意しますが、具体的な
解決策にまで到達したら

朝礼やミーティングなどで
早く情報共有するよう心がけます。

重要なのは失敗をバラすのではなく
チームの今後のために解決策を共有することで、

ミスしたことをみんなに話すことは
傷つけることにはなりません。

きちんとしたコミュニケーションをとって
育成するのは時間がかかりますが、

自立させるためには不可欠です。

スポンサードリンク

最後に

上司としての自分の目的を達成するためにも、
常に相互尊重の態度で対応するようにしましょう。

仕事を渡す時はなぜそれを頼むのか、
理由を初めにきちんと伝えることが大事です。

そして一旦仕事を任せたら後は口を出さずに
大きな心で見守ってあげることが大切です。

部下の仕事ぶりを見ていると
心配になることはありますが、

信じて任せてくれていると
感じてもらえば成長することに繋がります。