年下の上司への接し方とは

人間関係の悩みと問題を解決するブログ 中島です。

年功序列制度の崩壊、そして中途採用の増加により、
年下の上司というのは珍しいことではなくなりました。

また、企業では能力主義を積極的に採用しているため、
優秀な人材は年令に関係なく出世をしていくため、

結果的に上司が年下になることが
当たり前の時代を迎えたのです。

そこでは様々な軋轢を生んでしまうことも多く、
職場での人間関係にも大きく影響をもたらしてしまいます。

そこで、自分よりも年齢が下のボスに対して
どのように接したらよいか、

その接し方について紹介します。

スポンサードリンク

年下の上司への接し方とは

まず、歳上なのに自分よりも若い人が
自分の上司になる場合には、

あまりコンプレックスを前に押し出さない
ようにするよう心がけることです。

20世紀のような硬直した社会から、
多様で柔軟な社会が到来しており、

職場においても同じことが言えます。

自分より若いのに上司であるという
現状を素直に受け止め、

常識を持って接することが大切です。

職場というのは仕事を第一に行う場所であることから、
私情を挟まず、パートナーとして常識的に接することで、

円滑な人間関係を築いて行くことができます。

スポンサードリンク

年下上司は苦しんでいる

年下上司との人間関係を円滑にするためには、
人を立てることを心がけ、

常にサポートをするように心がけることです。

仕事をする場所では変なプライドを捨てて、
仕事のことだけを考え、

チームワークを大切にすることが求められます。

年下のボスの場合、やはり年齢からくる
経験不足が表れてしまうことがあります。

そのような時には、しっかりと立てつつも
フォローをするように心がけることで

仕事をスムーズに進めることが
出来るようになります。

あまり小さなことをにこだわらず、
大局的に見て仕事を進めるようにすることです。

そうすることはボスのサポートにつながるだけでなく、
自分の仕事も円滑に進められるため、

自分への評価につながるのです。

スポンサードリンク

最後に

年下上司との接し方で重要なことは、
自分から進んでコミュニケーションを
図るよう心がけることにあります。

相手も年上の部下を持つことに
やりにくさを感じているかもしれないので、

人間関係を円滑にするためにも
積極的に会話を交わす必要があります。

仕事をする上で大切なことは、
チーム内の風通しを良くしておくことです。

上司には上司なりの苦労があるので、
それをうまく汲み取って

部下が風通しの良い環境づくりを心がけ、
できるだけ積極的にコミュニケーションを
とるように心がけることで、

随分と仕事がやりやすくなります。