妻の浮気が発覚しても離婚ではなく修復する方法を選ぶ

以前は浮気というと、社会に出て働いている
夫がするものだという認識がありましたが、

女性の社会進出が進んだこともあり
伴侶とは別の異性と出会う機会が増えました。

そのため妻の浮気に悩む夫も増えており、
心を傷つけられることがあります。

『妻の浮気が発覚しても離婚ではなく修復する方法を選ぶ』

妻が浮気をした場合、

多くの男性は許すことができなくて
離婚という手段を選びます。

男性としてのプライドを傷つけられた
という理由もありますし、

一度裏切られたら許せないというのも
人間として当然の感情です。

スポンサードリンク

『離婚した場合と離婚しなかった場合』

ただ怒りのあまり離婚という手段を
選んでしまったら、

子供がいた場合は養育権で
争うことになります。

子供を妻が引き取った場合にも、
養育費は支払わなければなりませんし、

子供と会う回数も少なくなってしまいます。

また自分が子どもを引き取った場合は、
仕事と育児の両立をしなければならないので、
負担は多きくなります。

もし子供がいない場合でも、

共働きの場合は共同名義で住宅ローンを
組んでいる場合がありますが、

離婚をしたら不動産を処分しても
ローンの返済はしなければなりません。

新しく住む場所を見つけなければ
ならないとなると、

経済的な負担も大きくなるので
心のダメージだけでなく

経済的な負担も大きいです。

そのため妻が浮気をしたからといって、
すぐに離婚という決断をするのではなく、

修復できないかどうかを冷静に
判断することも大事です。

結婚生活というのは楽しいこと
ばかりではなく、辛いことも

一緒に乗り越えていく必要があります。

スポンサードリンク

『冷静になってもう一度考えてみる』

浮気というのは1つの辛いことには
間違いありませんが、

結婚してから感じた幸福感を
すべて消去するものではありません。

確かに浮気をされて裏切られた
という気持ちが大きいと、

心のダメージが大きいので
「修復することはできない」と

思い込んでいまいがちです。

でも辛いことというのは、
時間が過ぎると同時に薄れていき、

乗り越えていくことができますから、
離婚という決断を出す前に

時間を置くことをおすすめします。

気持ちが冷静になれば、許すという
気持ちを持てる可能性がありますし、

浮気をした妻も反省をして
「二度としない」と

誓うこともあります。

実際に浮気により別れるカップルも多いですが、
それ以上に喧嘩をしながらも

修復をして結婚を維持している夫婦も沢山います。

スポンサードリンク

『最後に』

年齢を重ねると、浮気も笑い話に
なることがありますし、

新しい絆を作り出す再スタートに
なることも期待できます。

妻が浮気をしたら、攻めるだけでなく
自分にも落ち度がなかったのか

という広い心で受け止めると、
男としての価値も上がるでしょう。

スポンサードリンク

『みんなの声』