幼児教育からリーダーシップを考える

リーダーシップは大人になってから
非常に重要なものだという事を
感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、身に着けたいと思ってもなかなか
身に付くものではありません。

やはりいろいろなことを経験していく中で
学んでいくことになるものです。

スポンサードリンク

『幼児教育からリーダーシップを考える』

大きくなってからはもちろんですが、
幼児教育のうちから

こういったことについても考えて、
どのような経験をさせるかということを
決めていくことも必要になるのではないでしょうか。

幼いうちから特別なことをする
というわけではありません。

ただ、集団の中での時間というものを
少し意識して多くとれるようにしておく
ということが必要になってくるでしょう。

昔は、近所の子供たちと一緒に遊ぶなど、
子供たち同士での時間というものが
多くありました。

大人がいない中で、自分たちで考えて
物事を決めて行ったり、

上の子が下の子の面倒を見たりという事で、
リーダーシップというものも養われていく
ということがあったのです。

スポンサードリンク

しかし、最近では子供の数も少なくなり、
また犯罪の危険性を考えて

親が常についている状態となり、
子供たちだけで動くということが
少なくなってきてしまいました。

公園に行っても親と遊んでいたり、
一人で遊んでいたりという子供を
良く見かけます。

そのような中では人間関係について
学ぶ機会もなくなりますし、

リーダーシップのあり方や必要性について
感じるという機会も失ってしまうことになるでしょう。

スポンサードリンク

できるだけ子供たちが自分たちで考え、
触れあう時間というものを持たせていくことも
大切なことと言えるのです。

 

一人一人に大人が時間をかけて
いろいろなことを教えていくという事は
もちろん大切です。

 

一人一人に合った個性を伸ばす教育で合ったり、
目をかけていくことは大切にしていくべきでしょう。

 

しかし、それによって子供たちが分断され、
集団として何かを学ぶ機会を逃してしまって
いるのであれば、

 

大きなものを失っていくことになります。

 

ぜひ、子供たちが集団で遊び、かかわっていく環境を
作っていきましょう。

スポンサードリンク

集団の中で自分の考えを持つ練習

幼稚園などの集団教育ができるところへ
通わせること、習い事などをさせてみること
なども良いかもしれません。

また、子供たち同士で何かトラブルがあった時に、
すぐに大人が介入するのではなく、

まず子供たち同士で解決できないか
やらせてみるのも良いかもしれません。

少し大人が引いてみることが、
幼児にとってのリーダーシップ教育の
スタートラインとなるのではないでしょうか。