内向型で仕事が辛い!そう感じたときの改善策

人間関係の悩みを解決するブログ 中島です。

会社勤務をしていると、いろいろと辛いと
感じることがあるでしょう。

サラリーマンであれば、誰でもそうであると
よく言われますが、

1つ注意しなければならない点があります。

スポンサードリンク

内向型で仕事が辛い!そう感じたときの改善策

それは同じ境遇であっても、感じる辛さには
個人差があるということです。

その大きな要因となっているのが性格の違いです。

たとえば、内向型の人は外向型の人と比べて
苦労することがよくあります。

会社で働く以上は、他の従業員との
コミュニケーションが必要です。

職種にもよりますが、上司や同僚などと
会話は不可欠といっても過言ではありません。

ミーティングが頻繁に行われる職場では、
労働時間の大部分がコミュニケーションに
使われることもあるでしょう。

営業のような仕事をしていると
顧客と話す機会も多いのが一般的です。

単に話すだけでなく、商品の購入などに
結び付けるセールストークが必須の場合も多いです。

内向型の人にとって、上記のような仕事は
とても辛いものであり、単なる疲労以外の
ものが蓄積していくことになります。

ストレスが溜まった結果、精神的な病気に
なってしまうケースも少なくありません。

そのような状態を回避する方法は主に2つです。

スポンサードリンク

内向的な人が仕事の辛さを回避する方法

思い切って転職する

1点目は内向型でも問題なく行える職種に
転職することです。

職人系の仕事であれば、必ずしも
コミュニケーションが必要とは限りません。

工場勤務のライン作業もこつこつと
一人で地道に作業を行います。

一方、こつこつ進める仕事といっても、
研究職は学会発表や成果報告などが

あるので辛い可能性が高いです。

このようにきちんと見極めていけば、
やっていけそうだと感じる職種が
見つかるでしょう。

しかし、実際にはそう簡単に
転職できないのが実状です。

職人になりたくても、全くの未経験なら
門前払いされる恐れがあります。

工場勤務だと収入が大きく下がる
という人もいるかもしれません。

転職が難しい場合は、次の方法を
選択すると良いでしょう。

スポンサードリンク

自分を変える

性格を変えるのは容易ではありませんが、
認識の変更であればすぐにでも行えます。

まずは内向型でも問題ないと考えることが大切です。

このタイプは繊細であるため、
細かい点に気がつきやすいという
特徴があります。

ミスを減らしやすいのでサポート役に
向いていることが多いです。

誰でも長所と短所があり、自分にとっての
長所はそういうことだと認識しましょう。

つまり、短所を長所に置き換える
ということです。

会社内でその長所を活かせる
ポジションを探っていくのが得策です。