人間関係にストレスを感じている高校生 解消するには

人間関係の悩みを解決するブログ 中島です。

人間関係に疲れたというと、
一見大人の世界の事のように
感じるかもしれませんが、

思春期の高校生は大人同様に
学校や家庭の人間関係で
ストレスを溜めている、

ということが大いにあるようです。

スポンサードリンク

人間関係にストレスを感じている高校生 解消するには

そもそも同じ環境でも『ストレスを感じやすい人』と
『そうでない人』がいますが、

その違いはどこにあるのでしょうか。

人間関係に疲れやすい人の特徴としては
次のようなものが挙げられます。

「優等生タイプの人」

学校でも家庭でも優等生で、弱みを見せることがありません。
何かあっても誰かに本音を話して解消する事がないため、
知らず知らず心労が蓄積されてしまいます。

 

「気を使いすぎる人」

常に相手の顔色や気持ちを気遣いすぎて、
とても疲れてしまうことが多いタイプです。
上記の優等生タイプと重複する部分もあり、
親に心配をかけたくないという思いが強く、
いわゆる「いい子」が多いのも特徴です。

スポンサードリンク

 

ちょっとした誤解からトラブルに

また最近はSNSなどで簡単に人とつながる
ことが出来る時代です。

とても便利な反面、レスポンス要求が
早くなっていて、返信がないと不安になったり、

ちょっとした誤解からトラブルになることもあります。

 

時には友人間であらぬ中傷をされることもあり、
コミュニケーションどころか、大きなストレスの
要因になる場合もあります。

 

では、そんなストレスから少しでも
解放されるにはどうしたら良いでしょうか。

スポンサードリンク

ストレスを解消する方法

まずは、いつもいる仲間から少し離れてみる
というのもひとつの方法です。

友達をやめるというのではなく、
少し距離を置いてつきあう。

ネット上の人間関係なら、
しばらくアクセスするのをやめてみる
という方法があります。

それが実行できたら、今までとは
違う世界に飛びこんでみるといいです。

学校の仲間に疲れているなら、学校とは
全く関係のないサークルに入ってみるのも
おすすめです。

 

それも疲れるなと感じるなら、
一人で出来る新しい趣味を始めて、

没頭できる自分だけの

「居場所」を作るのです。

 

そこがいい逃げ場となって
気分もリフレッシュされることが
期待できます。

また、あまり思い詰めない事も肝心です。

 

長い人生の中で学校生活はわずか3年程度、
一生その関係が続くわけではありません。

 

 

そう割り切ってしまえば必要以上に
余計なストレスを溜めることもなくなります。

 

本物の親友や、自分が一緒にいて心地よいなと
感じる相手だけを大切にすれば良いのです。

 

 

そして、

普段感情を抑えて我慢してしまう事が多いなら、
たまには思いっきり本音を出したり
相手に甘えてみるのも大切です。

スポンサードリンク

最後に

本当に必要な人間関係であれば、
そんな場合でもちゃんと受け止めてくれて、
簡単に壊れることはありません。

貴重な思春期の3年間、
思いきり楽しむことをモットーに過ごしましょう。