職場の体臭がきついあの人にそれとなく指摘する方法と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人間関係の悩みを解決するブログ 管理人の中島です。
今回の話はちょっと、『人間関係の悩み』と関連があるかどうか疑問ですが、あなたの職場でもひとりぐらいは体臭のきつい人っていますよね。でも、こういうことってデリケートな話しなので、直接本人に言うのが憚(はばか)られる場合がほとんどだと思います。

あんまり酷いと仕事にも影響があるので何とかしたいところですが、業務ではないので指摘しづらいですね。ただ、そういう場合でも僕は直接本人に言ってます。その方が本人のためだと考えますので。

でも世間ではそう言えない人が多いみたいなので、使えそうな対策をいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

職場の彼はなぜ体臭がきついのか?

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。
と言うわけで、まずは体臭がきつくなる理由を調べてみました。

結論から言うと、食生活が原因です。あと、加齢による『ノネナール』といわれる『におい物質』の増加によるものもありますが、それも食生活で改善できますので、結局食生活を変えないと変わらないでしょう。

体臭をきつくさせる食物

動物性脂肪が多いもの

肉類、乳製品、揚げ物、スナック菓子

辛いもの

辛い食べ物には発汗作用があるので、
汗が原因の体臭には控えた方いいです。

アリシンが含まれているもの

ニラやにんにくには、アリシンと呼ばれる成分があり、
これが体内で分解されると強いにおいを発します。

お酒

アルコールを摂取すると、体内にあせどアルデヒドが生成されますが、
これが皮膚から排出されたときに体臭の原因となります。

職場の体臭がきつい人にそれとなく指摘する方法

上司から指摘してもらう

対象となる人物の上司から指摘してもらいましょう。業務に差し支えるほどの体臭なのですから、ぜひ上司には動いていただきましょう。とはいえ、上司としても言いづらいでしょう。あまり期待できないかもしれないですね。

ちなみに、こういう体臭による被害は『スメルハラスメント(スメハラ)』と呼ばれていて、ちょっとした社会問題になっているそうです。

会社の健康診断で医者から指摘してもらう

会社で健康診断を受けると思いますが、来ていただいた医師の方に指摘してもらうと言う方法もあります。事前に医師に『●●さんの体臭は病気かもしれないので診断してみてください』と言ってみるのも手です。

嫌な顔をする

書類などを持って行ったときに『ウッ…』と息をつまった感じで鼻を押さえて立ち去りましょう。嫌味っぽくなく自然な感じで行うと気付いてくれる場合もあります。

職場の体臭がきつい人への対策

『におい』を薬剤で消す

木炭などの消臭グッズを机の周りに置いてみましょう。においの程度にもよりますが、若干マシになりますよ。あと、対象者が席を話した時に、無臭タイプの消臭剤を椅子に吹きかけておくと、少しは効果があります。

『におい』を『におい』でかぶせる

もし、できるのならアロマデフューザーを置いてみましょう。あとは『この匂いが好きなんです~』など言って天然の芳香剤を置いてみましょう。新鮮な柑橘系のフルーツを置いてみるのもお勧めです。

 

 

まとめ

使えそうな対策を探してきましたが、やっぱり直接指摘してあげるのが一番です。もし、あなたが言えないんだとしたら、上司にお願いしてみましょう。もしかすると相手は病気なのかもしれないので、上司には

『おい、体臭がひどいけど、何か病気でも患っているのか?』と言う風に、体を心配してあげている感じで指摘してもらうとスムーズに、また嫌味っぽくなくできるのではないかと思います。

とにかく、まずは一人で悩まずに、職場の仲間と問題を共有してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。