嫌な思い出が浮かんできて消えないときのテクニック

人間関係 悩み 口コミ 掲示板管理人の中島です。

あなたは、

過去に経験した嫌な記憶が何度も蘇ってきて、
終わったことなのに気分が落ち込んでしまう。

 

そんなことありませんか?

じつは、僕はしょっちゅうあります。

そんな時に気分をすっきり変える
テクニックをご紹介します。

スポンサードリンク

 

嫌な思い出が浮かんできて消えないときのテクニック

ちょっとした嫌な体験をいつまでも
ずるずる引きずってしまい、

その事を「ダメだ!ダメだ!」と考えて
また落ち込んでします。

 

そんな時ってありますよね。

 

昨日、誰かに言われた嫌なこと。
逆に言ってしまった嫌なこと。

 

いつまでも自分を責める思い出が
ゆらゆらと頭の中に巡ってきたら

ここに注目してください。

 

嫌な思い出を思い出しているときの
自分の目線です。

スポンサードリンク

「嫌な思い出目線」の反対を見る

嫌な気分、嫌な体験の記憶が
よみがえってきたときの

自分の目線を確認してください。

 

目線はどこに向いていますか?

 

おそらく気持ちが落ち込むような
思い出のときは、下の方を向いているのでは
ないでしょうか?

もしくはちょっと右下だったり
左下だったり・・。

 

目線の方向が分かれば
その逆に目線をやるのです。

 

例えば、

嫌な思い出を思い出している時に
右下の方を向いていたとします。

 

その時は逆に左上を見るのです。

 

もしくは嫌な思い出は右上を
見たときに感じるならば

 

左下に目線そのものを
変えてしまうのです。

 

記憶自体は消えないけれど、
嫌な気部は出にくくなります。

 

 

目線の方向を変えると感情も変わります。

 

どうぞお試しください。

 

関連記事⇒イライラや不安を鎮めるテクニック
関連記事⇒メンタルの弱い人が原因を探ると勘違いする
関連記事⇒無気力な自分を変える