部下の退職を防ぐ為に必要な前兆の見極め

人間関係の悩みと問題を解決するブログ 中島です。

長年勤めてくれていた部下が
突然、退職を申し出たならば

困ることもあるでしょう。

戦力として頑張ってくれた社員が抜けることは、
会社にとっても損失ですし、

上司の管理能力も問われかねません。

そんな退職するかもしれない部下の
前兆の見極めについて述べてみました。

スポンサードリンク

部下の退職を防ぐ為に必要な前兆の見極め

戦後の日本は高度経済成長を遂げながら
社会状況の変化と共に、

経済成長を生み出してきた企業戦士と呼ばれる
働き方からも大きく変わってきました。

終身雇用制度が当たり前であった時代とは違って、
不景気などの影響を受けて大企業でも

倒産する社会であり、若者世代を中心に
今働いている会社を退職して躊躇無く

転職を決意する人も増えているのです。

会社を辞める理由としては、

・家庭の事情
・新しい分野へのチャレンジ、
・キャリアアップ

など、

さまざまなものが挙げられますが、

・働いている環境に不満を持っている
・将来性を感じられない

など、

消極的な理由から退職するケースも
少なくありません。

離職率が高い企業は職場環境もばたばたして
安定していないことが多く、

その逆に離職率が低い企業は
職員の教育環境も行き届いており、

企業の安定的な運営や発展が
見込まれると判断されるケースも多いのです。

退職を決意するまでの期間

感情的になってその場で退職を決意
するような極端なケースでは無い限り、

会社を辞める時には熟考を重ねて
時間をかけて決意する人がほとんどです。

辞めると決意するまでに要する時間は
人によってまちまちですが、

悩んでいる期間は職場において、
その前兆が必ず現れています。

上司の役割としては、任されている部署の
業務を滞りなく遂行することはもちろんのこと、

部下に対する教育や目配り、サポートなどを
行う事で働きやすい環境を作る事も

大切な役割になります。

部署の規模や抱えている部下の人数によって
限界はありますが、直属の部下にあたる

社員に対してはしっかりと目配りをして、
悩みを抱えていないかや、

さまざまな変化を的確に察知する事が
求められるのです。

部下が退職を考えている前兆とは

退職をする理由は色々ありますが、
悩んでいる時にはその前兆として

仕事に対する取り組み方に変化が現れる
ことがほとんどです。

・今までよりも意欲が減ってしまっている
・仕事に集中出来ていない様子がある
・他の社員とコミュニケーションが上手くいっていない

など、

何かしらの悩みや不安、不満を抱えている
サインは必ず現れています。

普段から部下の働き方や性格、
他の社員との関わり方などを
細かく把握している上司ほど、

小さな変化にも素早く的確に
気付くことができるのです。

悩みや不満を上司や同僚などに
吐き出せる場合は、

その問題を解決する方法を
導き出せる可能性もあります。

しかしながら、自分一人で悩んで
抱えてしまう社員ほど

誰にも相談できずに退職を決意
してしまうケースが多いのです。

部下の退職を防ぐには

部下が辞める事を防ぐ為には、
小さなことでもその前兆や
変化などに気付いて、

声をかけたり気持ちを聞き出す
迅速なフォローが必要になります。

 

最後に

部下の変化を機敏に察知して
フォローすると事はとても大事ですが

あなた自身の心身の健康も、上司として
キチンと管理しておく必要があります。

ご自身の心身にも気を配りましょう。