40代の人間関係を断捨離する方法について

人間関係の問題を解決するブログ 中島です。

40代になると、仕事では責任重大な
巨大プロジェクトを任されたり、

取引先との接待に加えSNS上の友人との関わり、
既婚者の場合は家庭内との人間関係についても
考慮していかなければなりません。

20代や30代と比べて圧倒的に人間関係上の
トラブルに巻き込まれやすくなります。

スポンサードリンク

40代の人間関係を断捨離する方法について

更に加齢によってストレスが溜まりやすくなり、
仕事も上手く行きにくくなるので、

40代の方こそ人間関係を徹底的に
断捨離していくことが重要です。

 

まずは、関わりが多い仕事上の問題を
解決していくことが先決でしょう。

 

例えば、40代になると会社でも
中間管理職に加わっている方も多いので、

 

雑事や面倒な人間関係は信頼できる部下に
任せることで対応させましょう。

 

信頼できる部下に、雑事や面倒な対人系の
仕事を任せておけば、

後はその結果だけを報告してもらい、
自分の仕事に専念すれば良いのです。

 

この方法のメリットは、自分の仕事に
集中できるだけでなく、

 

若手の対人スキルを育成できる
という点があります。

スポンサードリンク

対外的に低く見積もられ無いためにも

特に最近の若い世代はコミュニケーションスキルに乏しく、
40代以降の人たちよりも対人スキルが低くて、

仕事上でも上手く立ち回れないことが多いです。

 

更に、若い世代が活発に外界と
関わることができるようになれば、

 

若手社員が活躍している会社である
と判断され、いい宣伝にもなるでしょう。

 

逆に中年の自分が未だに外に出て
営業をしたり、電話の引き継ぎなどの

単純な作業を繰り返しているようでは、
対外的に低く見積もられてしまうこともあるのです。

 

そのため、まずは若手社員を先導して
対人関係の仕事に派遣するようにしましょう。

スポンサードリンク

焦ると更にトラブルを抱え込む可能性も

プライベートの人間関係を断捨離するには、
家庭内の距離感が重要です。

 

特に40代になってくると、家族が冷ややかな
態度を取るようになったり、

 

思春期を迎える子どもたちは親に対して
反抗的な態度を取ったりすることもあります。

 

しかし、ここで焦ってしまっては
更にトラブルを抱え込んでしまう
可能性もあります。

 

断捨離をする程ではありませんが、
可能な限り距離感を保つことで

問題が起こらないようにしましょう。

スポンサードリンク

極端にサービスしない

例えば、夕食時に学校や勉強の話を
子どもたちにするのではなく、

子どもたちの最近の流行などの
カジュアルな内容にしたほうが無難です。

 

特に学校生活での話は子どもの対人関係の問題を
会話に引き出してしまうことがあるので、

避けたほうが良いでしょう。

 

それから夫婦関係についても、
極端にサービスするのではなく

適度に家事に参加していくと良いです。