『好き避け』草食系男子の本音が知りたい!

 

人間関係の悩みを解決するブログ 管理人の中島です。
草食系男子に多いとされる『好き避け』ですが、好きなのに避けてしまう行為を言うそうです。上司や先輩が好きで、アプローチしているものの、避けられている。彼は草食系なので、あれが「好き避け」なのかどうなのか、本音が知りたい。そんな恋の悩みをちらほら見つけます。言葉だけでは相手の本音は分かりませんが、非言語コミュニケーションを学べば相手の本音が分かります。見るポイントは相手の顔です。

相手の視線と表情から本音を読み取る

本音は顔の左半分に現れる

人間には右脳と左脳がありますが、脳と神経は途中でクロスしている関係上、右脳の神経は左半身に、左脳の神経は右半身に現れます。右脳は感性や知覚をつかさどる影響から、人間の本音は顔の左半分の表情に現れます。逆に左脳は言語や理論をつかさどる影響からよそ行きの表情となります。相手の心理を読む時は左側の動きは要チェックです。

視線をそらす心理

相手の目を見て話すのは、基本的なコミュニケーションですが、「好きなのに避けてしまう」草食系男子は視線をそらして話すことが多いです。これは心理学的には、自分の意見や話す内容に自信がないときに現れます。緊張から相手の目を見れないという場合もあります。あなたに好意があるなしに関わらず、とにかくあなたを前にして緊張していることは確かです。

 

相手の本音を知るには眉間とほっぺをみる

眉と眉の間にある筋肉を皺眉筋(しゅうびきん)と言います。この筋肉は一般的に嫌悪感を抱くと動くと言われています。あなたとの会話で眉にシワがよるようでしたら、あまり快(こころよ)く思っていません。その話題は避けた方がいいでしょう。

 

視線をそらされると表情が読み取りにくいですが、とにかく『眉にシワがよっていない事』口の両端があがっていること』この二つを重点的に注目してください。この2つが揃っていると幸せの表情になります。一言で言うと、『ゆるんだ顔』です。硬い表情ではなく、緩んだ表情は幸福の表情です。あなたとの会話に幸福の表情を見せるということは、好意をもっている可能性が高いです。

ここで注意してほしいのが、口の片方ではなく両端があがっていることです。片方だけあがっているのは軽蔑の表情です。特に左側だけがあがっているのは相手を軽く見ている場合があります。

 

スポンサードリンク

まとめ

相手の気持ちを知りたい、理解したいと思う気持ちは人間にとっての基本的な欲求です。相手の本音を知りたいと思えば相手の言葉ではなく非言語コミュニケーション(外見、身振り、表情、態度など)をチェックしましょう。どんなに感情を隠していても、何気ない仕草に潜在意識下の本音が隠れています。