内向型人間と外向型人間の恋愛傾向の違い

人によってそれぞれ性格が異なるように、
恋愛に関する考え方も違いがあります。

お付き合いをして何年も続き
結婚に至るカップルもいますし、

数か月で別れて別の恋人を作る人もいます。

スポンサードリンク

内向型人間と外向型人間の恋愛傾向の違い

大きく分けて人間には内向型と外向型がありますが、
恋愛において大事だと考える要素も異なります。

『内向型の場合』

人間との付き合いは狭く深いことを好むので、
友達が数えられるほどしかいないということが多いです。

しかし一度でも自分が大事にしたい相手だと認識をすると、
信頼感を持つので長く付き合うことができます。

内向型の人は、外に出かけることが
苦手だということではありませんが、

どちらかというと静かな場所でデートをしたり、
アクティブに遊ぶよりは映画を見たり本を読んで
議論をすることを好みます。

内向型の性格は、自分が考えている事を
はっきり言う前に深く考えることを好むので、

答えを出すまでに時間がかかることが多いです。

せかされることが苦手なので、返事を求めるときは
気長に待つことが必要になります。

一途な性格であることが多いので、
付き合うことになったら結婚まで
見据えていることが多いです。

スポンサードリンク

『外向型の場合』

一度でも会話を交わすとすぐに
友達になれるタイプですが、

広く浅い関係を求める傾向があります。

そして会話をしていても物事の中心に
なることを好むので、

コンパなどでも盛り上げ役になりやすいです。

そのため少し軽薄だとみられることがありますが、
積極的に出会いを求めるので

恋人が常に存在する状態になります。

人に注目されることを好むので、
自分を素敵に見せるように
長けているといえます。

コンパなどでも魅力を発揮することができるので、
目立つ存在になるだけでなく、異性からも

人気を集めることができます。

 

ただ外向型の人は、異性を恋愛対象ではなく、
友達としてみなす傾向があるので、

そうではない場合は理解が
しにくいことがあります。

内向型と外向型には考え方が
根本的に異なるので、

同じタイプの二人が交際すると
喧嘩になりやすいといえますが、

恋愛というのは相手に足りない部分を
補うことが重要です。

自分にはないものを相手に求めることで、
不足している部分を補うことができれば、

素晴らしい関係を築くことができます。

だから一方が内向型で、もう片方が外向型の
性格をしているからといって、

合わないということはなく、
逆に相性が最高になることもあります。

スポンサードリンク

『最後に』

恋愛をうまくいかせる秘訣は、
合わないところがあっても

冷静に話し合って、信頼関係を
築いていくことです。