職場の部下との人間関係を円滑に保つには

人間関係の問題を解決するブログ 中島です。

職場の部下との人間関係は非常に難しいものです。

特に最近ではパワハラやモラハラといった
ハラスメントの問題が非常にクローズアップ
される傾向にあるため、

これらの点に十分に注意をすることが
必要となっています。

スポンサードリンク

職場の部下との人間関係を円滑に保つには

上司の立場から様々な仕事の指示をする場合でも、
相手にパワハラと受け取られないような

配慮をすることが必要ですし、

 

また仕事の遅い部下に対しても
その欠点を指摘するような言動は

トラブルとなるため注意をしなければ
いけないのです。

 

以前は上司と部下の関係は
非常に絶対的なものがありました。

 

そのため高い年齢層の人は自分が若い頃に
上司に行われた様々な行動を

そのまま真似してしまうことが少なくありません。

 

しかし現代ではその文化も大きく変化しており、
部下が上司の言うことを聞かなければいけない

と言うものはすでにトラブルを生む原因となる
傾向があるのです。

 

そのため、一人ひとりの意見を尊重しながら
上手に仕事の指示をする必要があります。

スポンサードリンク

プライバシーには立ち入らない

また、従来は仕事が終わった後
食事に誘うと言う事は

一般的に行われていましたが、

 

最近ではこれはあまり行われなくなっています。

 

その理由は最近の人は自分自身の時間を
非常に大切にしたいと考えている場合が多く、

 

その貴重な時間を職場の人間に奪われてしまう
ことを極端に嫌う場合も多いのです。

 

本人が嫌がっていると察したら
無理には絶対に誘わないことが大切ですし、

 

無理に誘ってしまうとパワハラと受け取られて
しまう危険もあるため注意をしなければなりません。

 

現代の職場の人間関係は従来に比べて
非常にドライなものと考えた方が良いものです。

 

あくまでも職場の人間関係は仕事を進めるための
必要最低限のものと考え、

 

たとえ部下であってもそのプライバシーには
立ち入らないことが非常に重要です。

スポンサードリンク

仕事とプライバシーのバランスを保つことが重要

仕事の指示は簡潔に行うとともに、
納期管理をしっかりと行い、

 

積極的に報告させるように
仕向けることが必要となります。

 

さらに相手の様子を観察しながら、
基本的には直接声をかけることも

十分に注意をしなければなりません。

 

人によっては仕事中に声をかけられることを
嫌う場合もあり、上司であるからと

気軽に声をかけてしまうと
相手の気分を害して

パワハラやモラハラと受け取られて
しまうことが少なくありません。

 

そのバランスを保つことが非常に重要と
なっていますが、

 

職場で仕事の話以外をしないことも
現代の人間関係を円滑に保つための

1つの方法と考えられます。

 

仕事をするところだと割り切ることも
必要となっているのです。