あなたは無意識にストレスをためているかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人間関係の悩みを解決するブログ 管理人の中島です。
先日、たまたまある実業家さんと食事をする機会があったのですが、その席で偶然『成功者のストレス回避法』を見ることができました。「そうか、成功者って、こうやってストレスを回避してるんだ!だから高いパフォーマンスが維持できてるんだ!」と感動するエピソードでした。世間には成功者と呼ばれる人が数多くいらっしゃいますが、彼らと僕たちのような一般人との違いって、それほど大きくはないです。本当に微差と呼ばれる程度なんですが、その微差も集まれば大差となるのです。

 

なぜ成功者は決断が早いのか

ある実業家の方と知り合って、一緒に食事をすることになりました。近くにあったファミリーレストランに入ったのですが、ファミレスなのでメニューが豊富にありました。僕は自分のふところ加減と食べたい料理の一番コストパフォーマンスが良さそうなメニューを吟味してじっくり考えていたのですが、その成功者さんはメニューを開くなり一瞬で決めるのです。僕は「え!決めるの早いですね!いろいろメニューがあるのに迷わないのですが?」と質問しました。するとその実業家さんはこう答えたのです。

『意図的に早く決めている』

と言うのです。

彼は、本当はいろいろ気になるメニューがあったのですが、意図的に早く決めていたのです。

 

迷いは累積する

その実業家さんも実はいろいろ気になるメニューはあるようなのですが、意図的に早く決めるようにしていたのです。「なんでそんなことをするのですか?」「じっくり決めた方が後悔とかしないんじゃないですか?」と聞いたのです。すると、

 

「あまり重要でないことは即決する癖をつけている」
「迷いと言うのもは累積してしまうので、それ自体がストレスになってしまう」

 

と言うのです。

 

つまり、『迷い』と言うものは、すなわちストレスになりやすく、決断せずに先延ばししていると、どんどんストレスが溜まってしまうのだそうです。言われてみれば、みなさん思い当たる節はないですか?例えば、窓の汚れが気になって「ああ、掃除しなきゃなぁ」って思っていたのに先送りにしていたり。

欲しいものを買おうか買うまいか迷っていたり、
誰かに連絡を取ろうかとるまいか迷っていたり。

考えてみると人生の中で『迷い』と言うものはしょっちゅう出てきますよね。その『迷い』をどんどん先送りにしたりするからストレスになってしまうんですね。先ほどのメニューで悩んでいる時も、気がつきませんでしてけど、脳や体にはストレスとして感じていたんでしょうね。

だとすると、人生においてあまり重要でない事は、さっさと決めてしまってストレスから解放された方が心にも体にも良いということなのでしょう。成功者と言う人たちは普段から意識的にストレスを減らすようなクセ付けをしていたんですね。本音はメニューが気になっているけど即決する。その微差が積み重なると大差になるんですね。『なるほど!』とびっくりしました!

自分が決めたことが正解

また、こうもおっしゃっていました。

『もし間違った選択をしたとしても、人生において重要でない事は後悔しないし、そもそも重要なことの選択ミスだったとしても、自分で決めたことだから後悔はないよ』
『選択ミスをしたとしても、その時に対処すればいいし、迷っている時間ストレスにさらされているのはもったいない』

 

なるほど、考えたこともありませんでした。

 

旅行でリフレッシュできるその訳は・・・

そういえば旅行に行ってリフレッシュすると言うのは、ただ非日常を味わっているからだと思っていたのですが、実は普段の日常から感じていた『迷い』から一旦はなれる行為でもあったのですね。先送りにしている問題から一旦はなれることでリフレッシュされていたんですね。

 

まとめ

とかく、僕たちは選択ミスして後悔しないように熟慮することが正しいことだと思っていました。でも、成功者たちは違うんですね。迷っている時、僕たちは同時にストレスにさらられていることを知らないといけないかもしれません。決断を先送りすることで小さなストレスが積み重なっているんですね。この成功者の習慣を取り入れてストレスからできるだけ回避したいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。