社会人男性が人間関係の中で感じるストレスについて

人間関係の問題を解決するブログ 中島です。

人間関係の事でストレスを感じる男性は少なくありません。
コミュニケーションが上手く相手と交わせない時、
男性は強いストレスを感じます。

自分の言いたい事が相手に上手く伝わらず、
誤解されてしまったり、

まるで正反対の解釈をされる事が
人間関係の中ではあるものです。

スポンサードリンク

社会人男性が人間関係の中で感じるストレスについて

口下手な人は特にそういったトラブルに
巻き込まれやすいです。

誤解を解くために丁寧に説明を重ねるものの、
今度はそれが返って誤解を深める原因に
なってしまったりします。

女性とのコミュニケーションにおけるストレス

一方で男性が丁寧に一生懸命に
説明しているにも関わらず、

相手が女性の場合、コミュニケーションが
上手く交わせない事も多いです。

異性間では微妙に言葉やジェスチャーの
意図が変わります。

女性の多くがコミュニケーション力に
長けていると言われていますが、

それは同性同士や友達同士な事が多く、
異性間ではやはりちょっとした言葉の
勘違いから、ちぐはぐなやり取りになります。

自分の思っていた事が正しく伝わらないと
人は大きなストレスを感じ、

真面目な男性程、自責の念を持ってしまうものです。

もう少し自分が上手く会話が出来たら
相手の女性にも言いたい事が完璧に伝わるのに、

もう少し明るい態度で意思疎通が出来たら
人間関係でも苦労しないのに等と、

つい自分の心を責めてしまいます。

皮肉な事に相手の事を誠実に考えられる
真面目で自己責任が強い方程、

自責の念を感じやすく、神経を使い過ぎて
人間関係で摩耗したり返って口下手になりがちです。

スポンサードリンク

仕事での人間関係のストレス

次に男性が大きなストレスを感じるのが
仕事上の人間関係となります。

上司や同僚との関係が上手く行かないと、
それは大きな心の疲弊を生み出します。

上司から一方的に叱責されたり、
同僚から一方的に批判されたり

ダメ出しをされると、やはり心には
大きなダメージが生まれるものです。

特に仕事で大きな失敗をしてしまった時、
そこに追い打ちをかけられるように、

職場の人間から責任追及をなされると
心はボロボロです。

励ましてくれる人が側にいれば
精神的に辛い時でも、

気持ちを切り替えてミスをリカバリできます。

しかし現実的には部下に対して、
ただただスパルタで

励ましの言葉を送る上司は少数派です。

働く上でのストレスは特に精神的に
辛いものがあり、

毎日ギクシャクした関係が続ければ、
誰でも心身共に疲弊します。

精神的な疲労は目に見えないものですが、
それはある意味で肉体的な疲労よりも

余程、健康にとって害をなします。

そのため、自覚症状が出た時は
身近な友人や家族に相談したり、

街のメンタルケアサービスを
賢く利用しなければいけません。