他人をいじめることで『いじめ』を避ける情けない先輩

人間関係の問題を解決するブログ 中島です。

 

僕の会社の他部署の話ですが、
ここ最近、部長が変わりました。

高卒から入社して、めきめきと頭角を表し
ついには部長職にまで上り詰めました。

 

しかしTさんは新入社員の時、所属部署の先輩から
めちゃくちゃな怒られ方をされていたそうです。

スポンサードリンク

『いじめ』の避け方を間違えた

特にTさんをいじめるように叱っていた先輩で

Uさんと言う人がいます。

 

Uさんは、

「おいT!明日は大事な仕事があるから絶対遅刻するなよ!」
「お前みたいにたるんでいるヤツはきっと遅刻するやろな」
「ホンマ遅れたら許さんからな!」

 

Tさんは特に遅刻などしたことないのに
こんな言い方で不必要に叱ってくるのです。

 

しかし、こんな言い方をするのですがから
さぞかしUさんはキチンとされていると

思ってしまいますよね。

 

ところがびっくり(@_@;)

 

Uさんが寝坊して遅れてくるのです。(-_-;)

 

スポンサードリンク

 

「Uさん、なかなか来ないなぁ。どうしたんだろう」

心配になって自宅に電話すると

「すまん、酒飲みすぎて寝過ごしてしまった・・・」

おいおいおい・・・。

絶句です。

こんなことがあったら普通、次から
キツイ言い方とか出来ないじゃないですか。

 

ところがUさんのダメだしは続いていくのです。

「仕事が遅いぞ!」
「なんだこの書類は!」
「もうちょっと気をつけろよ!」

 

事あるごとに色々言うのですが、
じゃぁ自分は完ぺきに出来ているかと言えば
またくそんなことなくミスをする人なのです。

そんな逆境のなか、Tさんは我慢できずに

「あんたにそこまで言われる筋合いはない!」

っと反論するのですが、

 

Uさんは変わることはありませんでした。

 

「チクショー!いつかアゴで使ってやるからな!」

 

Tさんは、そんな風に反骨精神で仕事に向かい
毎日を頑張っておられました。

スポンサードリンク

文字通り、Uさんをアゴで使える存在に

しかし頑張る人を周りはちゃんと見ています。

 

Tさんは周囲に認められて
どんどん出世していきました。

ついにはUさんと同じ役職で肩を並べ、

そしてとうとう、最近の人事異動で
Uさんの直属の上司である部長職にまで
昇進したのです。

(2019年4月 取締役になりました)

 

本当に文字通り、Uさんを
アゴで使える存在になりました。

 

まぁ、実際に部長になってからはそんな
アゴで使うことなんてしませんでしたが。

 

僕もTさんを応援していたので
今回の昇進はとても嬉しかったです。

スポンサードリンク

他人を陥(おとしい)れて自分を守る

ところで、

なぜUさんは、ひどい言い方や
いじめに近い叱り方をするのでしょう。

 

あとで分かった事なのですが、

 

Uさんも、学生時代に
いじめられた経験があり

 

自分よりも弱い存在を見つけて
いじめることにより

自分は『いじめられる側』ではなく、
『いじめる側』にいる

 

ということを周囲にアピールしていたのです。

情けないですね。

本当に卑怯なやり方です。

Uさんは自分を強くするよりも
他人を陥れたりいじめたりすることで
自分を守っていたのです。

 

そういうのは周りからみたら
なんとなく分かってしまいます。

結果、周りのだれからも相手されない存在に
なっていきました。

 

スポンサードリンク

周りはなんとなく気が付きます

人が人をいじめる理由はいろいろありますが、
いじめを避けるために、自分よりも年下だったり、
後輩だったり、後から来た人をいじめるなんて

間違えた処世術ですよね。

 

そういうのは外部から見ていると
なんとなく気が付きます。

 

その結果、周囲の信頼を得ることもなく
うだつの上がらない社員生活になっていました。

 

新入社員に対しては、

ときに優しく、
ときに厳しく、

 

大切に指導して育ててあげたほうが
結局は自分のためにもなってくるでよう。

スポンサードリンク

最後に

意外と周りは見てなようで見ています。

「感じ取っている」といっても
良いかもしれません。

 

やっぱり誰かを陥れるのではなく
優しい対応を心がけたいものです。